マシュマログ6

マシュマロマンのブログでマシュマログ

さらに深まる謎。

黒いE71の裏ブタ(電池ブタ)が2種類あるらしいということで、

試しに買ってみました。

MOUMANTAI(NOKIA E71 純正フェースプレート&電池カバーセット ブラック)

しかし、同じお店でもフルセットになると裏ブタ(電池ブタ)のパターンが違う。

MOUMANTAI(NOKIA E71 純正交換セット ブラック)

先日私が買ったE71は後者(フルセット)のモノの方。

噂では北米のat&tで扱っているモノとそれ以外というような話もあります。

私のはマレーシア向けのようですが、香港とか他ではどうなんでしょうか。

気になります。

雑ですが写真を撮ったので載せておきます。

Dsc00072

右が今回購入したモノ。左が先日購入したE71に付いてたモノ。

解決!裏ブタ(電池ブタ)がたつきの謎。

一昨日のエントリでE71の裏ブタががたついているというエントリを書いたが、

香港の山根さんから香港のはそんなことはないというコメントをいただきました。

パーツとしてはクレーとか白と同じサイズのはずなので不思議に思ってたんですが、

その原因がはっきりしたので別エントリで書くことにした。

まず、結論から書こう。

原因は、バッテリを入れていなかったためだ。

一昨日バッテリを入れて動作確認をしたあとに

裏ブタのがたつきに気がついたので気づくのが遅れたのですが、

今日になってとりあえず簡単な設定だけしておこうとバッテリをはめたときに

「なるほど!」と気づいたことがあったのだ。

それは、E71の裏ブタを固定する構造にある。

E71の裏ブタにはクッション材は貼ってあり、

きっちりはめてない状態だと少し浮いた状態になる。

それを押し込んで本体側のツメに引っかけ固定する構造になっているのだ。

つまり、逆の見方をすると裏ブタ自身はクッション材があるために

電池に押されて本体のツメに引っかかることでなんとかはずれまいと

踏ん張っているということなのだ。

そのために外側に力が加わり今回のがたつきのような

上下の動きに対する摩擦が増している状況にあるのだ。

だから、バッテリをはめた状態ではがたつきがなくなるということなのです。

そういうわけで裏ブタのがたつきに関してはこれで解決とします。

なお、裏ブタに刻まれたパターンについての不思議が残ってるが、

こちらは調査を継続します。

漢の黒

Dsc00063

写真だと違いがわかりにくいですが、黒光りした精悍な面持ちです。
やはり、この端末は質感が抜群です。





と思ったら、






なんか…






裏ブタががたついてる…。

Dsc00069

わずかですが、裏ブタのところにすき間があります。0.3~0.5mmぐらいでしょうか。


さらに気になったのが刻んであるパターン。
手元のものは「白」のものと同じパターンですが、MOUMANTAIで扱ってるパーツは「グレー」のものと同じパターン。
う〜ん。謎です。電源を入れたところ偽物ってことはなさそうなんだけど。

ファームウェアをアップデート

AllFile化出来ないなど、敬遠してる人が多いようなのであえてやってみました。

いざとなれば、j.a.f.でダウングレードすればいいし。

ただ、先日6120cで失敗したので、かなり怖かったけど思い切ってやってみました。

結果は、無事にアップデートは出来たのですが、そこからが大変。

SymbianのOpenSignedが間隔をあけながらやっていかないとダメなのでそれが面倒。

AllFile化できれば楽なんだけどなぁと思いながらもチマチマとやってます。

購入報告あいつぐNokia E71

今週末はやたらとE71の購入報告が目立ってますね。
私のこのブログもその一つなんですが、はたして今日までに何台のE71が日本に入ってきているんだろうか。それでも在庫切れにならないところをみると他国ではそれほど売れていないのか?欧米人の手には小さく感じる端末だけに気になってきた。英語のサイトでも見てみるかな。